借金を解決する方法は?(自己破産・任意整理・特定調停)

現在の借金の額や事情などによって、借金を解決する方法は異なります。借金整理には主に3つの方法があり、状況に合った解決法を選ぶことが大切です。

まず、比較的借金の額が少なく、話し合いで解決できそうな場合には任意整理という方法があります。
任意整理では、司法書士や弁護士に手続きを依頼し、債権者と利息の再計算や支払い方法の変更などを交渉してもら方法です。
その際、司法書士や弁護士への依頼費などがかかりますが、個人では難しい交渉などをすべてお任せできるというメリットがあります。

次に借金の額が多く破産してしまうおそれがあるという方には、簡易裁判所へ申し立てる特定調停という方法があります。
この場合、利息の再計算や調停委員と債権者との交渉が行われ、裁判所へ数回出向く必要があります。
裁判により指示された支払い計画を厳守できない場合には、財産の差し押さえ等の罰則があるので、ある程度返済の目処がある方のための方法です。

任意整理や特定調停では解決できないという場合には、借金の支払い義務免除の申請を地方裁判所へ申し立てる自己破産の手続きがあります。
自己破産は、借金の支払いが不能となった時に取る手続きで、借金の返済免除を受ける代わりに、差し押さえ禁止の財産以外がすべて没収されます。
よって、申し立て成立後には借金も財産も両方無いという状態で再スタートすることになります。

様々な理由でこちらのサイトからお金を借りることもあると思いますが、このように、借金の額や返済能力などによって借金の解決法は異なります。
借金を背負うということはとても大きな負担となり、精神的にも追い詰められてしまいますが、1人で悩んでいても何も解決することはできません。
まずは、無料相談窓口などで現在の状況などを相談され、適切な解決法を選択されることから始められてみてはいかがでしょうか?

最近では借金の悩みを持つ方がとても増えていて、弁護士や司法書士による無料相談や、法テラスなどの相談窓口も全国規模で増えています。
相談にのってくれる専門家の方は、決して借金を責めたり、追い討ちをかけるようなことを言ったりはしません。
最寄の多重債務に詳しい専門家などをたずね、どのように借金を返済していったらよいのか、ぜひ相談されてください。